スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

虚塵が嫌いな理由

俺が虚塵が嫌いな理由。たくさんある。
ただ、筋の通らない理由ではない。
と、言っても一応個人的感情もあるが
それと本題の理由は区分・分別している。

まず世間でよく言われる『金満』
コレ自体は俺は別に否定しない。
寧ろ、これは賛成と言うよりは必要である。
これを否定するアンチは競争社会の仕組みを否定してるも同然だ。

あくまで競争社会とは実力主義である。
そして日本は自由の国である。
資本主義もそれにかぶってる。
実力あるものが、それ相応の対価をもらう。当然である。

だから、金満は(個人的に)下品ではある。(好きではない)
だた、間違いではない。
だからこれはこれでいい。

虚塵をもっとも嫌う理由・・・それは
『スポーツではやってはいけないルール・モラル破りをしてる事』を
昔から率先してやってるレベルだからだ。

今日は多くは語らないが、大まかな概要だけでも述べるとする。
まず、戦前・戦後に出現するメディア・・・
主にテレビ・ラジオ・新聞等は絶大な力がある。
そして今日も、絶大とは言わないまでもカナリの力を持っていて
政府でもメディアとの関係は恐れたり近寄ったり等・・・。
とにかく宣伝能力は馬鹿にはできない。

そして読売は戦前の読売新聞社から長い歴史を持っていて
そこには『 正力 』と言う人物が深く関わる。
彼は戦後、日本に置かれたGHQと深く関係がある。
それはCIAとの繋がりがあるからだ。
彼に付けられたニックネームは『 ポダム 』

GHQは日本国民を情報統制によって洗脳した組織だと言う事は
少し勉強していれば判るだろう。
時代や政府に関しては別にそういう流れなので
ここではどうこう言わないが
スポーツの世界でそういう勢力と関わり、
自らの宣伝ばかりすれば、洗脳に近いレベルである。

それが単なる球団アピールなら別に問題はないが
その下地があり、読売社を売れば
当然選手もそこに行きたくなるのは当然だ。
だからV9なんかも簡単にできるわけだ。

ただ、その後、他球団の奮戦もあり
虚塵の優勝が当たり前じゃなくなる一部の時期が出る。
そうするとメディアを使って
『 虚塵が優勝できないとカワイソー 』 雰囲気を作り出す。
まさに情報で虚塵正義を作り出す工作である。
その上でストライクゾーン変更を持ちかけ
85年優勝した阪神だが86年はそのコース改変に苦しめられた。
バースは地面スレスレの球をストライク判定された。
いわゆる『 ジャンパイア 』 である。
また同時期に、スワローズも投手がその判定で
ストライクがボールにされ、
その後ホームランを食らって負けた試合もある。

ちなみに86年は虚塵が優勝を逃せば
3年連続V逸だったので、そのメディアの囲い込みは凄かったそうだ。
その年は広島東洋カープが優勝。
ゲーム差0、勝率で0.03上回った崖っぷち。
(ジャンパイア判定多い年で。)

その後もセパ交流を反対したり、
分が悪くなればCS賛成しだしたり等、
とにかくナベツネ・ジャイアンツは自分主導の事ばかりで
全体の事は全く考える気はなくである。

こんな労害は早く死ね!!



読売ヴェルディの経営が上手くいってたら
今頃は、サムライブルーの活躍もなかった。
サッカー界もナベツネによって腐っていった事だろう。



今日はこれまでだ。
と、言ってもいつ書くかは知らんけどw
ただ、ブラックな事ばかりしてるのは
大体判ったはずだ。
スポーツに必要のないブラックな事を駆使してまでやるなら
韓国でやればいい。
日本スポーツ界が腐る事ばかりだ。

スポンサーサイト

コメント:

修正用パスワード :

管理人にのみ公開 :

<<前の記事へ 次の記事へ>>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。